メントール入りのシャンプーなどを目にする機会があると思

メントール入りのシャンプーなどを目にする機会があると思いますが、これはペパーミントが配合されたもので、髪の毛を育てる効能があるハーブのひとつなのです。マウスの実験でペパーミントオイルを使ったものがあって、育毛効果が期待できることが確認できたのです。育毛効果が実証されたからといって、実際にオイルを頭皮に塗ってしまったら強烈な刺激が逆効果になるので、絶対にやろうとしてはいけません。
育毛効果を期待してハーブティーを飲むならば、AGAが発症するときの鍵となる酵素を阻害する機能を持っているローズマリーがベストです。
育毛剤とBUBUKAはミノキシジルのような育毛効果が得られるとの研究成果があり、試された方のほとんどが育毛効果が得られています。
さらに、人によっては副作用が起きることで知られるミノキシジルのようなマイナス面がないため、不安を感じることなく使い続けることが可能です。
パラベンに代表される添加物を使っていませんし、医薬部外品の認可を得ています。育毛、発毛について効力を持つと言われている成長因子は、一種のたんぱく質で、グロースファクターという名称で呼ばれる場合もあります。毛母細胞が活発に活動するよう影響を与える、乱れたヘアサイクルを正す、血液の循環をよくするなどの効用があります。中には毛穴への成長因子の注入という治療を行う育毛クリニックも見られます。
さらに、成長因子の合成された育毛剤も手に入れることができます。頭の皮膚を手間をかけずに柔らかくする方法に、「耳たぶ回し」というのがあります。そのまま言葉通りに耳たぶを回転させるだけのことなのに、このようにすることにより、アゴの近辺の血流とかリンパ液の巡りを改善できるのです。
よく頭皮がほぐれていることは育毛にとって最善のことだといえます。さらに、髪や頭皮にとってだけではなく、ヒトの身体全体で考えても、リンパの巡りが滞ると色々な体の不調となって現れるのです。普段から整髪料を使って髪をセットしている人も多いと思いますが、育毛の観点から見れば、あまりおススメできるものではありません。なぜなら、汚れと整髪料が混ざって髪に絡むので通常のシャンプーでも落ちにくい頑固な汚れになりますし、整髪料が頭皮についたままになると頭皮にストレスがかかって、健康的な髪の成長を阻害します。それでも使用する必要がある場合は、出来るだけ整髪料が頭皮に触れないようにヘアセットをして、十分に洗うように心がけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です