筋トレで筋肉を付けると、薄毛の進行が加速するとい

筋トレで筋肉を付けると、薄毛の進行が加速するという噂話を聞いたことのある人も多いでしょう。
筋トレは男性ホルモンを活性化させるという事が噂の元になっているそうです。
しかし、結果的に言えば100%筋トレをした人が薄毛になる、ということはないです。
しかし、男性型脱毛症、別名AGAの人が筋トレをすると薄毛の状態が酷くなる可能性が高いです。
AGAは男性ホルモンを脱毛ホルモンに変えてしまう物質が活性化している病気なので、男性ホルモンの増加が薄毛に直結してしまうのです。
昔から、ワカメを食べると髪が増えると言われていましたが、確かに、海藻は身体には良いものの毛髪に直接作用する訳ではない、というのがこれまでの常識でした。
けれど、海藻類のヌルヌルに含まれるフコイダンという食物繊維の一種が毛髪を成長させる毛母細胞を活性化させるIGF−1の素になっていることが分かりました。IGF−1はソマトメジンCとも呼ばれ、海藻類以外にも、大豆製品や唐辛子などの食品を摂取することでも増加します。育毛剤の効き目は調合されている成分によって違いますから、自分の頭部の状態に合ったものを選択するようにしましょう。
高価な育毛剤ほど薄毛でなくなる効能があるかというと、必ずしもそうではありません。
ブレンドされている有効成分と配合の量が自分にぴったり合っているかどうかが肝心です。髪の毛を洗った後にどのように乾かすのかも、育毛や養毛にとっては重要になってきます。最初に、自然乾燥は良くないので、ドライヤーでしっかりと乾かすことが大事です。
自然に乾燥するのを待っていると、長い時間キューティクルが開いた状態になったままなので、キューティクルのすき間から髪の毛の水分が抜けてしまいます。それから、育毛剤などを使うときには洗髪後すぐではなくてドライヤーを使った後に使わないと、ドライヤーの熱によって育毛剤のせっかくの成分が蒸発してなくなってしまう場合が考えられるので、ドライヤー後に育毛剤を付けましょう。
医療的なケアや植毛などの技術的なケアをしていくことは大事ですが、生活サイクルや体質改善も長期間にわたるAGA治療では重要なファクターになると言われています。
様々な要因により代謝機能が損なわれたままだと、いくら医学的に有効な治療を施そうと本来の治療効果を得るのは難しいです。
体を冷やす食べ物や過度な飲酒は避け、睡眠や入浴などの時間を大事にし、無理をしない範囲から手をつけていきましょう。